.

広大な十勝平野が育む農産物(小麦・ジャガイモ・豆)【十勝高島農業協同組合】

JA十勝高島

  • サイトマップ
  • お問い合せ

先週の十勝は、晴れの日が続きました。

平年より生育に遅れがある小豆にも、蕾が出てきました。

今週も好天に恵まれそうなので、今後の生育に期待しています。

 

2018年 7月23日  

平成30年7月14日に今年の出来秋を祈願するレクリェーション大会が青空の下開催されました。

恒例となりました、高島小学校による「よさこいソーラン踊り」や「早飲み競争」、当組合の職員が所

属する 「美春」による生演奏、最後は盛大に「もちまき」をして、終始和やかな雰囲気の2時間を過

ごしました。

 

      

2018年 7月19日  

十勝では1ヶ月程、曇りや雨の日が続いています。

蝦夷梅雨と呼んでいる人もいます。

小豆も日照不足の影響を受け、平年より1週間程、生育に遅れがあります。

明日から1週間、天候に恵まれそうなので、今後に期待しています。

 

 

おまけの一枚

小麦の収穫予定は、10日後ぐらいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年 7月14日  

十勝では、6月中旬に最低気温が10度以下の日が3日程ありました。

小豆も影響を受け、若干、元気がありません。

これからの生育に期待をしています。

 

この圃場の生産者は機械除草を中心に行い、農薬の使用を極力抑える方針で生産をしています。

おまけの一枚

馬鈴薯の圃場では、一面に花が咲いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年 6月30日  

待望の雨が降りました。

小豆の生育は順調です。

今年も期待して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年 6月16日  

小豆の芽が地上に出てきました。

圃場全体、綺麗に出揃いました。

生育は順調です。

圃場は乾き気味です。

小豆も雨を欲しがっています。

2018年 6月06日  

5月23日、今年も小豆の植え付け作業が始まりました。

池田町大森地区の生産者が、「エリモ小豆」の植え付けを始めております。

この日は、天気も良く絶好の植え付け日となりました。

植え付けしている圃場は、約6㏊の面積になります。

これから10日程度で「芽」が出てきます。

 

 

2018年 6月06日  

 

平成30年4月20日 第67回通常総会が町北部地域コミュニティセンターで開かれました。

新採用職員2名の挨拶、永年勤続表彰(20年)2名の表彰後、定刻に始まりました。

昨年度の農畜産物販売高は初の30億円台となり、開会挨拶では「組合員が一昨年の自然災害に

負けることなく、一丸となって営農に励んだ結果であり、組合員の努力に敬意を表し、また関係機関

の支援、指導に感謝したい」と挨拶しました。
本総会には書面議決・委任状を含め114名の出席により全議案が可決決定、任期(3年)満了に

伴う役員改選では、総会終了後の理事会に於いて八木組合長の再任などが決まりました。

2018年 4月26日  

 

当組合をはじめ、銀河線4JAが連携する「十勝銀河地域連携型畜産クラスター」として

経営を支援するメガファームが3月6日に完成しました。

若手農家3戸でつくる㈱十勝高島牧場の竣工式では、関係者約80名が出席し行われました。

代表の丸山社長より「地域の若手酪農家の活気を生むきっかけになれば」と挨拶。

同月8日から稼働が開始し、年間5,500tの生乳生産を目指す。

 

丸山社長 挨拶

八木組合長 玉串奉奠

牛乳で乾杯

 

 

 

2018年 3月07日  

平成29年10月11日 とかち広域消防事務組合 とかち広域消防局 池田消防署長よりAEDサポーター協力事業所として「いけだAEDサポーター協力証表示制度」の協力証交付証書の交付式が行われました。

この制度は、平成25年9月9日に帯広市に次いで2番目に創設され現在町内28事業所にAEDが設置されております。

当組合も本所事務所内と農産施設の2カ所に設置をし緊急時の身近な組織として今後も協力をしていきます。

 

 

2017年 10月17日  

高島地区の紹介

青年部の活動

女性部の活動

JA十勝高島ブログ

JA十勝高島リンク集

つくねいもレシピ
つくねいもの販売
メディア掲載
青年部・女性部