.

広大な十勝平野が育む農産物(小麦・ジャガイモ・豆)【十勝高島農業協同組合】

JA十勝高島

  • サイトマップ
  • お問い合せ

小豆の芽が出てきました。

明日には、圃場全体で綺麗に出揃いそうです。

圃場は乾き気味ですので、

小豆も恵みの雨を待っています。

猛暑が続いた池田町ですが、今日は最高気温22℃と過ごしやすい日となりました。

 

 

 

 

 

 

 

2019年 5月28日  

5月17日、今年も小豆の植付作業が始まりました。

池田町大森地区の生産者が「エリモ小豆」の植付を始めております。

この日は、天気も良く絶好の植付日となりました。

 

植付している圃場は、約3㏊の面積になります。

これから10日程度で「芽」が出てきます。

「発芽」が楽しみです。

2019年 5月17日  

 

 

平成31年4月22日 第68回通常総会が池田町北部地域コミュニティセンターにおいて開催されました。

新採用職員の挨拶後、定刻に始まりました開会挨拶で、「今年度は低温・日照不足に加え台風21号の上陸、胆振東部地震によるブラックアウトの影響で、昨年度を下回る農畜産物販売高ではあったものの、平年並みを維持することができました。特に昨年3月に稼動した大型酪農法人の増産もあり、次年度の生乳生産量も当組合初の1万tを超える計画を見込む事ができました。

また、合併目標に向けた池田町全体の農業振興計画策定も関係機関・行政と連携をして取り組み、組合員皆様の協力を今後もお願いしたい」と挨拶しました。

本総会には書面議決・委任状を含め113名の出席により全議案が可決決定、特別決議が採択されました。

 

2019年 4月26日  

エリモ小豆の圃場です。

いよいよエリモ小豆の収穫が始まりました。

朝、早くから機械に乗って一列毎に刈り取ります。

収穫したエリモ小豆は、トラックに積み込み農協へ出荷します。

 

 

2018年 10月04日  

今般の胆振東部地震につきまして、被害を受けた方々にお見舞い申し上げます。

十勝においても、台風21号と地震による停電等で甚大な被害を受けた生産者の方もいますが

現在は、元の生活に戻りつつあります。

 

さて、9月も中旬に入りエリモ小豆の葉も黄変が進んで来ました。

莢の色も、これから黄色になっていきます。

莢の中は、こんな感じです。

2018年 9月11日  

9月5日に「株式会社北條製餡所」・「大連北條食品有限公司」・「ローゼン製菓株式会社」様が今年も高島地区の小豆を視察するために農協を訪問されました。

製造施設の見学や圃場で生産者との意見交換等を行い本年産の出来を確認されました。

 

 

 

 

施設での説明風景

 

 

エリモ小豆圃場で生産者と意見交換を行いました。

2018年 9月05日  

 

 

 

8月20日 エリモ小豆の圃場です。

この10日間で生育状況も良くなってきました。

 

莢がつき始めています。

収穫予定は、9月中旬頃です。

 

2018年 8月20日  

8月10日、エリモ小豆の花が満開にさいています。

生育状況は、平年から比べると4~5日程度遅れています。

 

除草剤の使用を極力抑えるため、家族みんなで草取りをしています。

 

小麦の収穫が無事終了しました。

小麦収穫後の麦稈は、牛の寝わらに使われます。

 

 

2018年 8月10日  

小麦の収穫が始まりました。

収量は始まったばかりなので、わかりませんが

品質の良い小麦です。

 

おまけの一枚

丹頂鶴です。高島地域の住民です。

 

 

2018年 7月28日  

先週の十勝は、晴れの日が続きました。

平年より生育に遅れがある小豆にも、蕾が出てきました。

今週も好天に恵まれそうなので、今後の生育に期待しています。

 

2018年 7月23日  

高島地区の紹介

青年部の活動

女性部の活動

JA十勝高島ブログ

JA十勝高島リンク集

つくねいもレシピ
つくねいもの販売
メディア掲載
青年部・女性部