.

広大な十勝平野が育む農産物(小麦・ジャガイモ・豆)【十勝高島農業協同組合】

JA十勝高島

  • サイトマップ
  • お問い合せ

8月22日~23日にかけて宿泊研修が行われました。今回は道内の研修ということで、上富良野・札幌方面となりました。

 

最初の研修先は、上富良野の「土の館」を訪れました。スガノ農機さんが経営されており、農業にはどれだけ土が大切かということや機械がどのように進化していったのかを学び、案内して下さった館長の田村政行さんは、「これからは後継者だけでなく、後継者の夫婦がどれだけ良い作物を作るかの鍵を握るのだ。」と、お話してくださいました。今回の研修で一番インパクトが強かったと話している部員もいたほど、楽しくて為になる解説とお話をして下さったのだと思います。

 

午後からの見学は、石狩市にあります「ホクレンパールライス工場」へ行きました。そこでは、映像を視聴して会社概要や施設のことを詳しく説明されておりました。その後、実際に施設の中を案内して頂き、クイズや問題を解きながら見学し、お米の栄養素や歴史、昔に使っていた道具などを知り、日本人にとってお米の大切さを再確認しました。また、お米を袋に入れる作業から倉庫へ保管する作業までが、ロボットで動いており、その素晴らしさに感動していました。

 

2日目は、野幌にあります北海道開拓の村を見学しました。ここでは、ボランティアで説明や解説をしている大和田詔夫さんが案内して下さりました。北海道が開拓使によりわずか4年で急速にすすんだ開拓や人口が増えた理由、北海道の古くからの建物に洋風が多いことなどを説明してくれました。また、連続テレビ小説マッサンの中で実際に撮影で使用された旧青山家漁家住宅で記念撮影をしました。

 

次に北海道博物館を見学し、アイヌ文化や北海道の歴史、北海道の生き物たちを目や耳で確かめて知識を深め、充実した2日間の研修となりました。

土の館 館長ホクレンパールライス工場にて

北海道開拓の村にて記念撮影

2016年 9月02日  

高島地区の紹介

青年部の活動

女性部の活動

JA十勝高島ブログ

JA十勝高島リンク集

つくねいもレシピ
つくねいもの販売
メディア掲載
青年部・女性部